旅行情報メディア【トリマ】

函館観光といえば五稜郭!お土産やアクセス・駐車場情報を紹介!

函館観光といえば五稜郭!お土産やアクセス・駐車場情報を紹介!

2020.06.07

Trima北海道編集部

五稜郭は新選組で有名な土方歳三が亡くなった地としても有名な場所で、代表的な観光名所です。また周辺には五稜郭タワー、五稜郭公園なと、多くの歴史スポットとグルメスポットが集まっています。今回は五稜郭のお土産情報やアクセス方法、駐車場情報もまとめて紹介します。

目次

  1. 五稜郭は函館の人気観光スポット!
  2. 五稜郭のおすすめ観光スポット
  3. 五稜郭公園
  4. 五稜郭タワー
  5. 五稜郭ガーデン
  6. 箱館奉行所
  7. 五稜郭は土方歳三の最期の地
  8. 新選組の土方歳三とは
  9. 五稜郭が舞台となった箱館戦争について
  10. お土産は五稜郭タワーで買うのがおすすめ
  11. 白い恋人
  12. 六花亭 マルセイバターサンド
  13. じゃがポックル
  14. ほがじゃ ほたて
  15. 五稜郭へのアクセス方法
  16. 市電
  17. バス
  18. 五稜郭周辺に駐車場はある?
  19. 五稜郭を観光して歴史に触れよう

五稜郭は函館の人気観光スポット!

View this post on Instagram

Who wants to travel to Hokkaido in the winter? 🙋🏻‍♀️🙋🏻🙋🏻‍♂️ Fort Goryokaku (五稜郭), located in Hakodate, Hokkaido, is a massive, star-shaped, Western-style citadel built in the last years of the Edo Period for the defense of Hakodate against the imperialist threat posed by the Western powers. A few years later, the fort became the site of a civil war between an army of the shogunate and the superior troops of the newly established Meiji government. After the fort had lost its military importance, it was eventually turned into a public park in the 1910s. The “star fort” is a sight to behold all times of the year, but in the winter, you can see the Star Illumination, in which the 1.8-km perimeter of the moat illuminated so that the star shape would stand out. You can have a bird's-eye view of the beautiful fort when looking down on it from the adjacent Goryokaku Tower. The illumination takes place from now until February 29th (from 5 PM to 8 PM) 📸: @sxbxr_69

A post shared by Japan Awaits (@japanawaits) on

五稜郭(特別史跡五稜郭跡)は1864年に江戸幕府の役所として築造された星形の西洋式城郭で、箱館戦争では明治新政府軍と旧幕府軍の最期の戦いの舞台として有名な場所で、函館市の中でも代表的な観光名所です。またその周辺には五稜郭タワー、函館奉行所、五稜郭ガーデンと、多くの観光スポットが集まっています。

五稜郭公園内は緑が美しく、四季折々の自然の風景が美しい北海道屈指の公園です。またよく整備されているので、地元民の散歩やランニングにも最適で、憩いの場ともなっています。

そんな見どころがたくさんある五稜郭についておすすめ観光スポットとお土産情報とアクセス方法をまとめてご紹介します。

五稜郭のおすすめ観光スポット

View this post on Instagram

浪漫海港冬化粧①北海道・函館 "雪の五稜郭" 明けましておめでとうございます❗昨年はたくさんの写真を見ていただき、ありがとうございます!⭐️⭐️ 今年も、趣味の撮影を楽しんでいきます! よろしくお願いいたします❗ #北海道#函館#hokkaido #五稜郭 #五稜郭タワー #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #カメラ初心者の人と繋がりたい #best_photo_japan #japan_photo_now #japanlover #japan_of_insta #japan_art_photography #名古屋カメラ部#札幌カメラ部 #仙台カメラ倶楽部#写真散歩#東海カメラ倶楽部#カメラ友達募集#ファインダー越しの私の世界#hakodate #nightview#instagramjapan #ig_japan #photo_jpn #lovers_nippon ##sapporo#冬景色

A post shared by YUSUKE KONNO(今野雄介) (@yusukekonno0818) on

四季折々の自然を楽しめ、桜の観光名所として有名で、国の特別史跡にも指定されている五稜郭公園は自然豊かな憩いの場として親しまれています。

ここでは五稜郭の歴史や見どころ、五稜郭タワーからの眺望など、五稜郭をとことん楽しめるよう、訪れる前に知っておきたいおすすめ観光情報をご紹介します!

五稜郭公園

五稜郭公園の魅力は、何といってもその外観形状です。特徴的な星形の西洋式城郭は珍しく、城マニアの方はもちろん、その写真映えする見た目は誰でもカメラのシャッターをきりたくなるはずです。

春には堀の周囲に植えられたソメイヨシノがゴールデンウィーク前後に満開になります。5月下旬には藤棚、新緑、そして秋には紅葉、さらに冬には雪化粧した五稜郭と、四季折々に素晴らしい表情を見せてくれる五稜郭公園は、函館観光イチオシのスポットです。

また、公園内には函館戦争時に使われた大砲、敵の侵入を阻む「武者返し」と呼ばれる特殊な構造の石垣など、歴史的な見どころもたくさんあります。

五稜郭タワー

View this post on Instagram

・ 五稜郭タワー 📷2020.2.9 ・ 五稜郭タワー展望台横の3つライト、色が変わるのを今回初めて知りました😆✨ ・ 五稜郭タワー、カッコいい🥰 ・ 下から五稜郭タワーと五稜星の夢のイルミネーションを入れた写真を撮りたいという要望に、良い場所に連れて行ってくれて待ってくれたmiyuさん、本当にありがとうございます😊🙏🏻 ・ #函館 #函館市 #Hakodate #五稜郭 #五稜郭公園 #五稜郭タワー #goryokaku #goryokakupark #goryokakutower #五稜星の夢 #hakodate_photo #ハコフォト #hako_photo #spira_spot #japan_night_view #japan_of_insta #lovers_nippon #daily_photo_jpn #広がり同盟 #love_bestjapan #japan_great_view #my_eos_photo ・ 📷EOS 80D/EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

A post shared by TORU (@toru_luoto) on

一般的に城郭は防御面を考慮して、丘や山の上に建てられることが多いですが、西洋式築城法を用いて造られた五稜郭は平地に築かれています。そんな星形が特徴の五稜郭全体像を、真上から見ることができるように、と建てられたのが、五稜郭タワーです。

高さ約107mの五稜郭タワーには、地上90mの展望2階、地上86mの展望1階と、2フロアに展望室が設置されています。どちらの展望フロアからも、星形をした五稜郭の全景を眺められるのはもちろん、函館山や津軽海峡まで見渡せて眺望抜群なのは言うまでもありません。

夕方には函館山の向こうに沈む絶景の夕日を望むことができ、夜には函館の夜景スポットとして、多くの観光客で賑わいます。

入場料は大人が900円、中・高校生が680円、小学生が450円となっています。また営業時間は年中無休ですが、季節によって営業開始時間が変更となりますので、ホームページなどで確認が必要です。

五稜郭ガーデン

五稜郭観光の足で立ち寄るのにぴったりな食のスポットが五稜郭ガーデンです。

開放的な屋根付きのオープンテラスでは、税込4000円でジンギスカン食べ飲み放題が楽しめます。またバル25はアラカルト料理を楽しめる洋風居酒屋で、ハワイ料理・スイーツのうぃんどはなれぃむーんは日替わりランチやふわふわパンケーキやスムージーが大好評です。

また最大120名までの宴会・パーティが可能なので、お友達や仕事仲間と、気兼ねなく盛り上がりることができます。五稜郭に観光に来た際にはこの飲食複合施設、五稜郭ガーデンで是非お食事を!

箱館奉行所

View this post on Instagram

【箱館奉行所】 再現されたのは一部だけと言えども、箱館奉行所は一つ一つ細かくこだわって再現されたのものであるのだと、建物内を見学することで再認識することができました。 函館そして五稜郭公園は、歴史を学ぶことができるので、歴史好きとしてはたまらないものがあります。 ・ ・ ・ #北海道 #函館 #五稜郭 #五稜郭公園 #箱館奉行所 #建物 #歴史 #北海道カメラ部 #北海道ミライノート #いかなきゃ北海道 #カメラのある生活 #ミラーレス一眼 #カメラ好き #写真好き #キリトリセカイ #レンズ越しの私の世界 #お写ん歩 #Canoneosm100 #my_eosm100 #my_eos_phot #北海道大好き #たまらん

A post shared by Su___mami (@su___ma03) on

江戸から明治への時代。幕末、戊辰戦争の最後の舞台となった、北海道函館市に位置する五稜郭。そしてその中心にあったのが箱館奉行所です。

明治末期の蝦夷地当地の中心として、また戊辰戦争末期、榎本武揚や土方歳三ら旧幕府軍の拠点として箱館戦争を戦った歴史の舞台です。

本館は戊辰戦争後の解体から、約140年の時を経て、2010年に復元された箱館奉行所。その一角にある箱館奉行所の役割は、函館開港に伴い設置された江戸幕府の役所でした。

館内は歴史資料やパネル展示で、五稜郭の設計、そして関連人物などについて理解を深めることができ、奉行所の復元工事自体が歴史的な出来事だったことがよくわかります。奉行所も函館の観光スポットとして関心が高まり、絶えず観光客が訪れ賑わいを見せています。

五稜郭は土方歳三の最期の地

 (856740)

五稜郭にまつわる人物と言えば、新選組の鬼の副長、土方歳三です。江戸出身で、同郷の近藤勇と新選組を立ち上げました。明治元年の箱館戦争の際、土方は海軍副総裁の榎本武揚と共に函館に渡ります。榎本武揚は江戸城が無血開城し、行き場のない武士のために、北海道を開拓して蝦夷共和国を作ろうとしていました。

明治2年(1869年)に土方歳三らが率いる旧幕府軍は、戦艦による海での戦いの函館湾海戦に敗れ、函館市街の弁天台場(べんてんだいば)で最後の決戦を迎えます。土方は、新選組らが戦う弁天台場に助けに向かう途中に一本木関門付近で、敵兵から馬上で銃に撃たれ、35歳の若さでこの世を去ってしまいます。

 (863699)

武士として誇りを持ち、愛刀を振るって戦った土方が、最期は銃弾に倒れるという、胸に迫る結末です。箱館戦争の敗色が濃くなってきた頃、すでに盟友の近藤勇や沖田総司は亡くなっており、仲間を失い、一人になっても、新選組のために戦った土方の心境は如何程のものだったでしょうか。

土方歳三の最期の地であると言われる一本木関門付近には、土方歳三最期の地碑があります。実は土方の埋葬場所は、はっきりしていませんが、その近隣では、新選組らの犠牲者を祀った碧血碑も見ることができます。

新選組の土方歳三とは

土方歳三は農家に生まれながらにして、最終的には蝦夷共和国の陸軍奉行並にまで登りつめました。本来農民である土方歳三、近藤勇らが、将軍・幕府に対して忠誠心を持つにいたる背景は、多摩という土地がらにもあったとも言えます。多摩は、江戸期の大半を幕府の天領でした。いわば地域全体が旗本意識を持っていたのです。

大名ではなく、直接将軍・幕府のために働いているという自負が農民にも浸透していたのです。 天領は大名領に比べて年貢も軽く、民衆も比較的豊かでした。将軍・幕府に対して忠誠心が強くなるのは、当然のことかもしれません。

土方歳三は、肩書きこそ副長でしたが、実質的には新選組を動かしていた実力者です。武士にあこがれて剣の道を進み、局長の近藤勇と共に新選組を率いて、近藤亡きあとも、最後の最後まで幕府のために戦い抜きました。新選組のスピリットとはある意味、土方の理想を体現したものと言ってもいいのかもしれません。

五稜郭が舞台となった箱館戦争について

 (856744)

箱館戦争とは、江戸時代最後の年の慶応4年(明治元年)から、2年間にわたって全国で起こった戦い戊辰戦争の最後の戦いのことです。開戦した慶応4年の干支が戊辰だったことで名付けられ、京都での鳥羽・伏見の戦いから始まり、東北や会津などあちこちで戦いを繰り広げました。

そもそも戊辰戦争は幕末に起こった、尊皇攘夷運動がカギになります。尊王攘夷は、「王」である天皇を尊び、外国や異民族のことである「夷」を追い払うという意味です。嘉永6年に黒船でペリーが来航してからというもの、江戸幕府は外国からの圧力に悩まされ、それがきっかけで尊皇攘夷運動が起こります。

当時の日本には、天皇と、天皇の代行として政治を行う江戸幕府の、2つの権力がありました。新選組も元々、江戸幕府のもとで天皇と都を守る警察のような組織でした。

箱館戦争で旧幕府軍である土方歳三と新選組らが敗れ、戊辰戦争が終わることで、江戸幕府(徳川将軍家)による、約260年の江戸時代が終わります。そして新政府軍が明治政府を作って、明治時代が幕を開けることで、日本は近代化の時代を迎えるのです。

お土産は五稜郭タワーで買うのがおすすめ

五稜郭タワーの1階にあり、タワーに登らなくても誰でも入れるお土産ショップが五稜郭タワー売店です。タワー限定のグッズやコラボグッズ。さらに北海道や函館のお菓子の他に、北海道新幹線グッズなど、種類も豊富です。

また箱館戦争をはじめ、新選組や土方歳三にちなんだグッズも販売されていて、歴史好きにはたまらないお土産ショップです。

白い恋人

北海道と聞くといろいろと思い浮かぶと思いますが、一番身近なものはお土産ではないでしょうか。 乳製品を使ったお菓子や海産物、お肉など、さまざまなものが親しまれていますが、真っ先に思い浮かぶ物と言えば、白い恋人です。

さくさくのラング・ド・シャクッキーでオリジナルブレンドされたホワイトチョコを挟んだその味わいは、しつこくなく、深く上品な甘さを感じます。まさに北海道の白銀の世界が広がるような味わいで、誰もが知っていると言っても過言ではないくらい有名で、北海道のお土産の大定番です。

六花亭 マルセイバターサンド

北海道のお土産として何度食べても飽きないおいしさがあるのが、六花亭マルセイバターサンドです。六花亭専用の小麦粉でつくったビスケットに、北海道生乳100%のバターとホワイトチョコレートでつくられたレーズン入りクリームをサンドしたロングセラー商品です。

口に入れた瞬間、しっとりしたビスケットとレーズンバターが溶け合って、六花亭ならではのおいしさが口いっぱいに広がります。懐かしくなるシンプルな味わいで、ご年配の方からの支持も高い逸品です。誰に渡しても失敗しないお土産です。

まさに言わずと知れた名菓子ですが、バターサンドだけでなく、バターケーキやビスケット・キャラメルなどの新しいスイーツも登場しているので是非チェックしてみてください。

じゃがポックル

厳格な品質検査を突破した100%北海道産のジャガイモを使用して作られた、じゃがポックル。カルビーの千歳工場限定で作られるこの土地でしか味わえない北海道限定商品です。

サクッとした独自の食感は様々な大ヒット商品を開発してきたカルビーだから成せる技です。100%北海道産のじゃがいもを、皮をむかずに丸ごとカットしたスナック菓子です。

美味しさの秘密は、オホーツクのサロマ湖産の焼き塩が、より一層ポテトの香ばしさを引き立てています。まるでフライドポテトをそのままスナックにしたような美味しさなので、子供のおやつから大人のおつまみにまでピッタリなお土産品です。

ほがじゃ ほたて

北海道の道東にある小清水町から誕生した、ほがじゃは、じゃがいもから生成したでんぷんにイカやたらこの旨みを練り込み、てんさい糖で優しい甘さを足したせんべいです。素材の産地はもちろんすべてが北海道です。北海道の海と畑の幸がギュッと詰まった一品です。

歯ごたえのある食感が特徴で、噛むほどに旨みが口いっぱいに広がります。ほたて、えび、こんぶの3種の味があり、お酒のおつまみにも良く合います。

さらにお土産グランプリで金賞を受賞し、年々知名度を上げているお土産で、北海道お土産として大人気のじゃがポックルを超えるのでは、と期待されています。ひらがなの「ほ」がパッケージの目印です。

五稜郭へのアクセス方法

 (856749)

北海道新幹線も新函館北斗駅まで開通し、空と陸からも格段に行きやすくなった函館の街。そんな函館は広大な北海道とは思えないほどコンパクトにまとまった街で、比較的観光地も密集して、回りやすい環境です。

そんな函館市の中でも代表的な観光名所である五稜郭ですが、ここからは五稜郭へのアクセス方法を紹介します。

市電

函館には函館市電が走っています。「函館駅前」から乗車し、約16分で「五稜郭公園前駅」に到着し、そこから徒歩で約15分で五稜郭に着きます。

函館市電では乗車距離に応じた、対キロ区間制を適用され、五稜郭公園前駅までは230円で着きます。また6分間隔で運行しているので、もし遅れてもそう待たずに来るので安心です。

バス

View this post on Instagram

#函館バス #日吉営業所

A post shared by まこりげ (@makorige) on

市内を循環している「函館バス」は、函館駅を発着地として、観光のメインエリアを循環する観光路線バスがいくつか出発しています。

函館バスをご利用の際は、「函館駅前」から乗車し、「五稜郭」で下車してから歩いて約15分で到着します。または「函館駅前」から「五稜郭公園入口」で下車してから、徒歩約7分でも到着します。

またバス案内所そばにある4番乗り場から発車している、「五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス」があります。これはノンストップで五稜郭タワー前に到着し、料金も240円と安いです。バスで五稜郭に行かれる場合はこの「五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス」をご利用されるのをおすすめします。

 (856752)

函館観光は見どころがいっぱいで、とても一日で回りきれません。昼と夜も分けて考える必要があります。もちろん公共交通機関のない夜間に魅力的な異国情緒漂うライトアップ・夜景を時間を気にせず観光したいのであれば、レンタカーや自家用車が必須です。

レンタカーの場合は函館空港周辺レンタカー会社から約20分で五稜郭に到着し、高速道路の場合は函館新道で赤川インターチェンジから約10分で到着します。

また、函館は坂が多いのであちこち函館の観光地を回るならレンタカーか自家用車で決まりです。

五稜郭周辺に駐車場はある?

 (856753)

五稜郭周辺には無料駐車場はありませんが、条件付きの無料駐車場があります。

五稜郭タワーまで最短の所にあるのが「函館市五稜郭観光駐車場」です。五稜郭観光の中心となる駐車場で、料金も1時間まで200円で、そこから30分ごとに100円となっています。収容台数も大きいのが特徴です。またこちらの駐車場は近くの芸術ホールの使用者、北洋資料館および道立函館美術館の入館者については2時間まで無料で利用できます。

また「函館市芸術ホール駐車場」は五稜郭タワーまで徒歩2分のところにあります。こちらも芸術ホールの使用者、北洋資料館および道立函館美術館の入館者については2時間まで無料で利用できます。また出入口は3ヶ所あり、ときわ通り側、道立函館美術館裏側、五稜郭病院駐車場側があります。

さらに函館市芸術ホール駐車場事務室側に身体障がい者専用駐車場も5台完備されています。なお桜、紅葉、大型連休、年末年始、特別な行事などの期間は、特別料金が設定される場合がありますので、必ず現地の最新の情報をご確認の上、ご利用ください。

五稜郭を観光して歴史に触れよう

 (856754)

郭内に入ると、まるで当時へタイムスリップしたかのような錯覚に陥るほど遺構が数多く残り、歴史スポットの好きな方にお勧めなスポットです。また、新選組副長・土方歳三最期の地として知られているスポットなので、土方ファンにとっても欠かせないスポットです。五稜郭を訪れ、幕末の歴史を肌で感じてみませんか。

関連する記事