旅行情報メディア【トリマ】

円山動物園の見どころを徹底解説!お土産や料金・所要時間・アクセスも

円山動物園の見どころを徹底解説!お土産や料金・所要時間・アクセスも

2020.06.05

Trima北海道編集部

北海道札幌市にある円山動物園は、動物を間近に感じることができる見どころが沢山あります!人気のお土産やオフィシャルグッズ・入園料金や喫煙所の有無・園内を見てまわる所要時間やアクセス方法・駐車場など、詳しく紹介していきます!是非円山動物園へ訪れてみてください!

目次

  1. 円山動物園は地元民にも大人気の動物園
  2. 円山動物園の見どころ
  3. ホッキョクグマ館
  4. ゾウ舎
  5. アフリカゾーン
  6. アジアゾーン
  7. は虫類・両生類館
  8. 円山動物園のおすすめお土産
  9. 木のZOO
  10. どうぶつぬりえ
  11. コラーゲンお菓子
  12. ピリカグッズ
  13. 円山動物園の基本情報
  14. 入園料金
  15. 開園時間
  16. 所要時間
  17. 円山動物園は全面禁煙で喫煙所はなし
  18. 円山動物園の口コミ
  19. 動物が生き生きとしている!
  20. 坂が多く園内も広いのでいい運動になる
  21. 円山動物園へのアクセス
  22. 公共交通機関
  23. 車の場合は隣接駐車場へ
  24. 円山動物園で動物に癒されよう

円山動物園は地元民にも大人気の動物園

北海道札幌市にある円山動物園は、2018年にホッキョクグマ館がリニューアルされ、2019年にはゾウ舎がオープンしたりと、次々と進化を遂げている動物園です。

地元の方に愛されている動物園で、子供だけではなく大人にも人気があります。動物の展示の仕方なども工夫されており、動物にも快適かつ、見る側も動物をすぐ近くに感じることができるようになっています。

是非、北海道へ訪れた際には円山動物園へ足を運んでみてください。動物癒されることはもちろんですが、動物たちの迫力にも感動することでしょう。

円山動物園の見どころ

それでは早速、円山動物園の見どころをひとつひとつ紹介していきます。

ホッキョクグマ館

2018年3月にオープンしたホッキョクグマ館は、まず通路の壁にホッキョクグマの生態について詳しく書かれているので、それをじっくり読み、ホッキョクグマについての知識を深めてみてください。

なんと言っても一番の見どころは、他の動物園では見ることができない、水中トンネルでのホッキョクグマ展示です!水族館ではよく水中トンネルの中を通って魚を見ることができますが、それと同様にホッキョクグマが見れます。

陸の上のホッキョクグマよりも、泳いでいるホッキョクグマはとても美しく、優雅に見えます。かなり近くで見ることができるのも魅力的です。もちろん、陸の上にいるホッキョクグマも見ることができます!

ゾウ舎

2019年の3月にはゾウ舎がオープンしました。ゾウ舎には、冬場でも水遊びができるようにと屋内プールも設置されています。ゾウを観覧することができるのは11時ごろから15時半までとなっています。

そのため、ゾウを絶対見たい!という方は早めに足を運ぶことをおすすめします。現在はアジアゾウ4頭が展示されており、広いゾウ舎でゆっくり過ごすゾウを見ることができます。

ゾウは砂遊びがとても好きなので、屋内外の放飼場は共に砂が床材として使用されています。そしてもちろん、夏場用に屋外にもプールが設置されています。

アフリカゾーン

西門の近くにあるのが「アフリカゾーン」です。アフリカゾーンには「キリン館」・「カバ・ライオン館」・「サバンナ・ストリート」があります。

キリン館にはキリンはもちろんですが、ダチョウ・サーバルキャット・ハダカデバネズミにミーアキャットがいます。建物の2階テラスからはキリンと同じ高さの目線で動物を見ることができます。レストスペースになっているので、ゆっくり休憩してみてください。

カバ・ライオン館では、ライオンやブチハイエナにカバ、グラントシマウマ、エランドがいます。ライオンがゴツゴツした岩場でくつろぐ様子を見ることができます。

アジアゾーン

アジアゾーンは「寒帯館」「高山館」「熱帯雨林館」の3つのエリアに分かれています。「生息環境展示」という、見る側と動物がまるで一体となって感じられるような展示方法を採用しています。

寒帯館には、アムールトラやユキヒョウがおり、高山館にはレッサーパンダやヒマラヤグマ、熱帯雨林館にはマレーバクやマレーグマ、テナガザルやアジアアロワナがいます。

全ての動物が、かなり近くで見ることができたり、レッサーパンダを下から眺めることができたり、愛嬌たっぷりのマレーグマが木登りしているところを見ることができたりと、見どころがたくさんあります。

は虫類・両生類館

 (851021)

円山動物園のは虫類・両生類館には約70種450点ものは虫類や両生類が展示されています。それぞれの生体が快適に過ごせるような環境づくりがされています。

「小中型展示ゾーン」と「大型展示ゾーン」があり、バックヤードが「センターラボ」としてガラス越しに公開されているところも見どころです。

非常に間近で見ることができるので、は虫類・両生類好きの方にはたまらない展示の仕方になっています。虹色に輝くベーレンパイソンやソバージュネコメガエルなど、珍しい生体もいます!

円山動物園のおすすめお土産

動物園の楽しみは、もちろん色々な動物を見ることができるのが一番の魅力ではありますが、お土産を買うのも楽しみのひとつです。

次は、円山動物園で購入することができるおすすめのお土産を紹介します!自分用にはもちろん、友人や家族へのお土産にもおすすめです!ほっこり癒されるお土産が揃っています。

木のZOO

円山動物園オフィシャルグッズである「木のZOO」は、木製の動物フィギュアです。木のぬくもりを感じることができるおもちゃで、子供にももちろん人気なのですが、部屋のインテリアとしてもおすすめです。

バラ売りで、それぞれひとつずつ購入することもできますし、様々な種類が入っていて、パズルになっているものや、木箱に入っているものなどあります。

ストラップがついているもの・マグネットがついているものなど、バリエーションも豊富です。マグネットボードもあるので、知育玩具にもおすすめです。

どうぶつぬりえ

 (851039)

円山動物園のオフィシャルグッズである「どうぶつぬりえ」は、円山動物園にいる動物たちをぬりえにした絵本風のぬりえです。

ポップで可愛らしいイラストが目を引きます。ただ塗るだけではなく、ストーリーになっているので命の大切さや環境について考えさせられるぬりえです。

子供にはもちろんですが、大人にもおすすめです。ほっこり癒されるぬりえになっています。収益金の一部は、動物たちの餌代などにあてられています。

コラーゲンお菓子

View this post on Instagram

円山動物園 ホッキョクグマ 北極熊

A post shared by ZJX_2020 (@zjx_2020) on

なんと、円山動物園ではコラーゲン入りのお菓子が販売されており、女性にも非常に人気があります。「コラーゲン雪はだ豆」や「コラーゲンはだあめ」など様々なお菓子があります。

そしてどれも350円などとリーズナブルなのも嬉しいポイントです。ココナッツクッキーや北海道バターサブレなども人気です。どのお菓子も北海道の鮭からとったコラーゲンが入っているのです。

パッケージにはかわいい動物たちがプリントされており、とても可愛らしいのもほっこりとするお土産です。

ピリカグッズ

円山動物園のお土産として、一番人気なのが円山動物園で自然繁殖で育ったホッキョクグマの「ピリカ」の愛らしい顔がデザインされたグッズです。

輪郭はなく目と鼻のみでデザインされているのですが、それがなんとも可愛らしくほっこりとするグッズです。文房具やタオル・ハンカチ、生活雑貨など、実用的なものが非常に多いので、日常生活でも役立ちます。

職人さんが手作りをしているピリカの金太郎飴もとてもかわいらしいですし、385円とリーズナブルなのも魅力的です。グラスやお弁当箱のGEL COOまシリーズも人気です。

円山動物園の基本情報

次は、円山動物園の基本情報について触れていきます。

入園料金

円山動物園の入園料は2020年の4月1日に改定され、現在は入園料800円、年間パスポートが2,000円となりました。また、札幌市に居住している、70歳以上の方であれば減免制度が適応されます。

そして、入園料は中学生以下の方であれば無料なので、4月1日から高校生の方でも半額の400円で入園できるようになっています。

高校生は、入園券を購入する際に窓口にて生徒手帳などの、高校生であることを証明できるものを定時することで、半額で入園できます。

開園時間

円山動物園の開園時間は、夏期(3月1日~10月31日)は9時30分で、閉園時間は16時30分です。最終入園時間は16時となっています。

冬期(11月1日~2月末日)は開園時間は夏期と変わらず9時30分で、閉園時間が少し早めの16時となり、最終入園時間が15時半となります。

毎月第2・第4水曜日は休園日で、8月のみ第1・第4水曜日が休園となります。休園日が祝日の場合は翌日が休園です。12月29日~31日も休園ですので、お気をつけください。

所要時間

円山動物園は、全ての展示を見てまわるのには2〜3時間ほどあれば、全て見ることができます。ですが、途中休憩をしたり、カフェやレストランで食事をしたりするとなると、トータルではやはり5時間くらいかかるのが一般的でしょう。

お子様連れの場合はとくにそうです。お弁当を持ち込むこともできるので、園内でピクニックを楽しむのもおすすめです。子供向け広場の「まるっぱ」も非常に人気です。

どうせなら、ゆっくり見てまわりたいものですし、思いっきり円山動物園を楽しんでみてください。

円山動物園は全面禁煙で喫煙所はなし

円山動物園は、2019年の1月より全面禁煙となりました。そのため、喫煙所もありません。電子タバコ等についても同様となっているので、注意してください。

また、動物園での過ごし方にはいくつか注意点もあります。動物を撮影する時はフラッシュ撮影・AF補助光の使用はしないようにしてください。

そして、円山動物園にはカラスが多くいることもあり、お弁当などを狙っています。カラスには十分気をつけてくださいね。

円山動物園の口コミ

では、実際に円山動物園に行った方の口コミを紹介していきます!

動物が生き生きとしている!

円山動物園の展示の仕方は、全ての動物が生き生きと過ごせるような展示の仕方になっていて、見る側もとても楽しいし、動物も幸せそうに見える。

淡々と動物を見ていくのではなくて、動物の生態などについて深く知ることができるので、動物に関する知識を深めることができます!(26歳・男性)

坂が多く園内も広いのでいい運動になる

園内はとても広く、子供連れだと疲れてしまって全部見て回れないこともあります…ですが、それだけ色々な動物を見ることができる、というのと、とても良い運動になります!

坂道も多いので歩きやすい靴で行くようにしています。ホッキョクグマとの距離感もとても近くに感じられて、感動ものです。

雪が降る季節は、雪と動物たちを見ることができるし、夏場はミストが出ているところも沢山あるので快適に見てまわることができます。(32歳・女性)

円山動物園へのアクセス

次は、円山動物園へのアクセスについて紹介していきます。

公共交通機関

公共交通機関を利用する場合は、地下鉄東西線の「円山公園駅」で下車後徒歩約15分で動物園に到着します。地下鉄東西線「円山公園駅」に直結している「円山バスターミナル4番乗り場」からは、バスも出ています。

動物園線(円15)もしくは大倉山線(くらまる号)に乗車してください。約5分程度で円山動物園西門駅で下車するとすぐ近くに円山動物園があります。

車の場合は隣接駐車場へ

車で行かれる場合は、隣接している「円山公園第一・第二駐車場」に駐車するようにしてください。駐車料金は時間制ではなく、1台分の料金なので、時間を気にせずゆっくりと動物園を楽しむことができます。

大型車は1200円・中型車は1000円・普通車は700円・二輪車は100円です。大型車、中型車、二輪車の方は第1駐車場を利用するようにしてください。

西門側の第一駐車場は683台を駐車することができ、正門側の第二駐車場は、普通車のみですが276台駐車できます。第一駐車場の利用時間は2月1日~10月31日の期間中は9時00分~17時30分で、11月1日~1月31日の期間中は9時00分~16時30分です。

第二駐車場は4月21日~10月31日の期間中は6時00分~17時30分となります。11月1日~4月20日期間中は第二駐車場は閉鎖されているので注意してください。

円山動物園で動物に癒されよう

円山動物園は、動物を非常に身近に感じることができ、見る側も迫力を感じられたりと、飽きないような工夫がされています。そして、動物たちも快適に過ごせるような工夫がしてあります。

そのため、ファンも多く年間パスポートを購入して定期的に訪れる方も沢山います。秋には紅葉も美しく、冬には雪景色がとても綺麗で季節ごとに違った楽しみ方もできます。

是非、北海道へ訪れた際には、円山動物園へ足を運んでみてください。動物たちにほっこり癒されることでしょう。

関連する記事