旅行情報メディア【トリマ】

南宮大社はどんな御朱印が頂ける?ご利益やお守り・駐車場情報も!

南宮大社はどんな御朱印が頂ける?ご利益やお守り・駐車場情報も!

2020.09.28

Trimaパワスポ編集部

岐阜にある南宮大社は地元民から愛されている神聖な場所です。南宮大社の魅力を紹介します。最近特に人気の御朱印。南宮大社の御朱印や御朱印帳はどのようなものなのでしょうか?また、ご利益やパワースポット、人気のお守りについてもご紹介!アクセスや駐車場も要チェックです!

目次

  1. 南宮大社に御朱印はある?
  2. 南宮大社について
  3. ご祭神は?
  4. 徳川家光公によって再建
  5. 南宮大社の御朱印
  6. 南宮御旅神社の御朱印
  7. 伊富岐神社の御朱印
  8. 御朱印帳は?
  9. 御朱印がもらえる時間
  10. 御朱印がもらえる場所
  11. 南宮大社のお守り
  12. 幸運の小判
  13. 幸せを呼ぶ鈴
  14. 女性にも人気の御刀守
  15. 南宮大社のご利益
  16. 金属業や鉱業のご利益
  17. 金運アップ
  18. 商売繁盛
  19. 心願成就
  20. 良縁
  21. 安産
  22. 厄除け
  23. 南宮大社のパワースポット
  24. 石輪橋
  25. 楼門
  26. 南宮大社の口コミ
  27. ここの御朱印帳が欲しかった!
  28. 境内の中にたくさんの神社
  29. 南宮大社のアクセス・駐車場
  30. 南宮大社の御朱印を集めよう!

南宮大社に御朱印はある?

ご利益の強さや美しい作りで人気の南宮大社は、観光客が絶えないパワースポットです。鮮やかな赤を基調とした拝殿を始めとした建物に、空と植物の緑が織り成す自然のコントラストは、眺めているだけで心が静まっていくように感じられます。

有名なお祭りも多く開催され、訪れるだけでも恩恵があるとされる南宮大社。ですが、御朱印を頂かずに帰ってしまう人も珍しくありません。南宮大社にもありがたい御朱印が存在していて、その数も一つではないという事をご紹介します。

南宮大社について

風水的にもパワーが集まる場所が多い岐阜県にある南宮大社は、岐阜県不破郡垂井町に位置しています。南宮三にはハイキングコースが設置されている他、多くの神社が建てられている事もあり、観光客だけでなく地元の人からも親しまれている山です。

南宮山の山麓にある南宮大社は、かつて南宮神社と呼ばれ「旧国幣大社」であり「美濃国一の宮」でもあります。広大な境内には本殿、拝殿、楼門と有名どころをはじめとし、樹下神社や隼人神社、高山神社など重要文化財に指定された摂社も多く、拝観の人気スポットです。南宮大社で毎年5月5日に催される例大祭は国内外問わず人気が高く、国の重要無形民俗文化財として愛されています。

ご祭神は?

View this post on Instagram

仕事で関ヶ原方面へ。 道中、前を走る🚘のナンバーが✨222✨ これはもう寄るしかないと思い 南宮大社へ⛩ ここは、いつ来ても空気が澄んでて清らかな気持ちになります。 新年のご挨拶をしたのですが、 参拝が終わる頃には、重かった肩と動悸が治ったんです。 ホント、不思議。 個人的に体に不調があると寄りたくなる神社でもあります。 そして何よりパワーがもらえて前向きな気持ちになります。 さすが破魔除災の守護神様❗️ 金山彦命様(天照大神のお兄さん) いつもありがとうございます。 ・ ・ #金山彦命 #金山彦命が主祭神 #金山彦命を祭る金属鉄工業の神様の総本宮 #岐阜県垂井町 #新年のご挨拶 #岐阜の神社

A post shared by 翡翆(𝓱𝓲𝓼𝓾𝓲) (@hisui358) on

古事記や日本書紀に名前が登場する、金山彦命(かなやまひこのかみ)が南宮大社のご祭神です。とても有名な天照大神(あまてらすおおみかみ)の兄神として、金山彦命は大きな信仰を集めてきました。

また金山彦命は、鉱山や金属業に対する恩恵を授けてくれるとされている神様で、仕事として金属を扱う人や鉱山に関わる会社などがお参りに来ることも知られています。主祭神に金山彦命を置き、配神は彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)と見野命(みののみこと)です。

徳川家光公によって再建

南宮大社は関ケ原の合戦の舞台の一つとなり、慶長5年(1600年)に一度焼失してしまいました。しかし寛永19年(1642年)に当時の将軍であった徳川家光公が多額の資金を投じて再建に漕ぎ出します。家光公が寄付した金額は七千両で、現在の価値に換算するとなんと約21億円にもおよぶほど。

家光公のお陰で再建は無事終わり、現在にも残る本殿や十五棟の社殿などが建築、造営されました。本殿、拝殿、高舞殿、石鳥居と言った再建されたものの殆どが、国の重要文化財に指定されています。創設の記録は神武天皇の時代までさかのぼり、文化的にも歴史的にも高い価値を持つのが南宮大社です。

南宮大社の御朱印

南宮大社では三種類の御朱印を頂くことが可能で、三種類とも美濃国に関する記載が特徴です。「美濃国」とは、日本の令制国の一つとして、かつて岐阜県南部の呼称として使用されていました。南宮大社の御朱印には美濃国一宮と記載されていますが、一宮(一之宮とも)は令制国の中で社格の最高位とされた神社の事です。

日本全国に一之宮は存在していて、その御朱印のみを集める楽しみ方もあります。書き手や時期などで御朱印の内容が変わる場合もあるので、例えば友人が過去に頂いた御朱印と表記が違ったりしてもおかしいことではありません。

南宮大社の御朱印

「美濃国一宮」の判が押されたもので、南宮大社のご利益を強く表す御朱印です。金属業を営む会社の事務所の神棚などに保管されている場合もあり、ご祭神である金山彦命の恩恵も多いとのこと。

一宮を冠する神社の御朱印は特にお守りとしての効果が強いとするケースもあり、三種の御朱印の中でも南宮大社の御朱印だけを頂く方も少なくありません。

南宮御旅神社の御朱印

南宮大社の御朱印と同じく美濃国の表記がありますが、南宮御旅神社は「美濃国総社」と記されています。現在南宮御旅神社が位置する場所はかつて南宮大社が建っていた地で、南宮御旅神社は国府之宮とも、美濃国総社とも呼ばれていました。

移転した南宮大社の神輿が相川を禊ぎ、川渡りをしてこの宮に至ることから、南宮御旅神社と呼ばれるようになった経緯があります。

伊富岐神社の御朱印

伊富岐神社は南宮大社、南宮御旅神社とご祭神が違い名前に南宮も入っていませんが、美濃国二宮とされる由緒ある神社です。御朱印にも「美濃国二宮」と記され、南宮大社と同じように地域の人々に親しまれてきました。

二宮だからと言って、南宮大社や南宮御旅神社よりご利益が劣るということはありません。伊富岐神社は、岐阜と滋賀にまたがる伊吹山を神と信仰した伊吹神を祀っているとされています。神話にも登場するパワースポット、伊吹山のパワーを御朱印から頂けるでしょう。

御朱印帳は?

自前の御朱印帳を持参しないと御朱印を頂けない神社もありますが、南宮大社はもし忘れてしまっても大丈夫。楼門とご神木である白玉椿が描かれた御朱印帳が頒布されているので、必要な場合はその旨お伝えしましょう。サイズは少い小さめで、生地は布製です。

持参の御朱印帳に南宮大社、南宮御旅神社、そして伊富岐神社の三つの御朱印を頂くのも、南宮大社のオリジナル御朱印帳に三つの御朱印を頂くのも、どちらもありがたい事なので悩んでしまいます。基本的には御朱印はいくつ貰っても問題ないので、持参した物と南宮大社の物と両方頂く方もいるとの事です。

御朱印がもらえる時間

 (820232)

御朱印受付は午前9時から午後4時半までなので、旅行や観光の際は遅い時間にならないように注意が必要です。ランチを長めに楽しんでしまい、南宮大社に着いた頃には御朱印の受付時間を過ぎてしまっていたということがないよう、しっかりと時間のチェックをしておきましょう。

南宮大社の御朱印は人気が高く、参拝の日取りによっては混雑も予想されます。訪れるのが遅い時間にならないよう、予定を調整しましょう。

御朱印がもらえる場所

南宮大社、伊富岐神社、南宮御旅神社の三種類の御朱印は、南宮大社本殿の右側にある社務所と、南宮御旅神社で頂けます。御朱印の初穂料はどれも300円です。

御朱印帳を渡す際、カバーを外すことを忘れないよう気を付けましょう。当然のことながら、参拝をせずに御朱印だけもらう行為はマナー違反になりますから、事前にしっかり参拝してからでなくてはいけません。

南宮大社のお守り

風水的に強力な場所に立っていて、歴史も長く、再建に家光が関った南宮大社。古来から沢山の人が祈願に来た、岐阜有数のパワースポットです。ご利益の幅も広く多種多様で、比恩恵の数に例してお守りの数も多くなっています。

基本的にお守りは、日頃身に着けることでご利益がある物で、年齢や性別に左右されにくいデザインを採用しているのが特徴です。南宮大社で特に有名なお守り、効果が大きいとされているお守りがどんな物かをご紹介します。是非実際に南宮大社にお参りに行った際の参考にして下さい。

幸運の小判

 (820237)

ずしりと重みのある小判の形をした、金運守が効果もインパクトも一番です。煌びやかな金色の小判には、金山彦大神と金運御守護の文字が書かれています。

金に関するご利益がある金山彦命のパワーを宿した小判は、財布の中に入れるのにピッタリで、性別も年代も問わず人気があるお守りです。キラキラした物が好きな子供へのプレゼントや、時代劇を好むお年寄りへのお土産にも最適でしょう。

幸せを呼ぶ鈴

 (820238)

金色の大きめの鈴に、赤と白の紐がついている「金運鈴守」は、南宮大社の歴史に関係しているお守りです。寛仁元年(1017年)、後一条天皇の即位の時に、南宮大社を含む諸国の大社48社に駅鈴が奉献されました。現在もその駅鈴を保存していると有名な南宮大社なので、鈴を使用したお守りも並べられているのです。

実際に特権の象徴として使われていた駅鈴は形が独特で、お守りのような一般的な形の鈴とは少し違います。鈴守のご利益は、鳴らす事で金運と財運を呼び込むというもの。赤と白の紐も紅白でおめでたい色です。

女性にも人気の御刀守

 (820239)

刀を模したお守り、その名も御刀守には運を切り開くという意味があり、転じて困難に打ち勝つ、悪運を断ち切るお守りとしても効果が期待できます。購入される人は受験を控える学生や、起業家の方が多く見受けられ、刀剣を愛する方々にも人気のお守りです。

南宮大社は重要文化財の刀剣を保存していることでも有名で、平安時代の名刀「三条」は日本でたった五本しかありません。美濃守護であった土岐頼益が奉納したとされる太刀「康光」は通常の刀の約3倍もある大業物で、貴重な刀を保存している南宮大社らしい御刀守です。

南宮大社のご利益

主祭神とする金山彦命に関するご利益に始まり、広い境内の中に溢れる多くのパワースポットから、様々なご利益の恩恵を感じられるのも南宮大社の魅力の一つです。

金山彦命の名に「金」が含まれる点から金運アップ、必勝祈願や勝負運向上などにご利益があるとされています。加えて南郷大社が位置するのは、風水学で龍脈に当たる南宮山の山麓。また、大安吉日の日には結婚式が挙げられることもある程で、祝い事や祭り事の舞台として親しまれてきました。

金属業や鉱業のご利益

 (820242)

南宮大社の祭神は鉱山を司る神、金山彦命であることから、日本全国の鉱山、金属業の総本家として信仰を集めてきました。また鍛冶、鋳物、製鉄を司る神とも伝えられていて、幅広く恩恵を感じられるありがたい神様です。

生活に密着した部分で言うと、包丁の神様とも言われる金山彦命。その理由は鉱山から発掘された鉱石が、加工と製鉄をし鍛冶を経て、包丁が完成する経緯が関係しているようです。鉱石の大量発掘や珍しい鉱物の発見、金属の加工技術の向上、製鉄所の発展など、沢山の職人さんがご利益を願っています。

金運アップ

 (820244)

名前に金の字が含まれている神様は、金運を上げるご利益があると古くから信じられてきました。現代においてもその信仰は変わることなく、南宮大社に祀られている金山彦命にも当てはまります。もちろん名前だけでなく、昔から鉱山や金属業の関係者が金山彦命を信仰し、成功して収入が増えたと人伝手で広がった結果でもあるでしょう。

また、京都の御金神社も南宮大社と同じ金山彦命を祀っていますが、同じ祭神の御金神社が金運アップのパワースポットとして人々の注目を集めたことから、南宮大社も金運が上がると噂が広がりました。

商売繁盛

 (820245)

金山彦命の名前にある「金」の字が金運アップに繋がる、とご紹介しましたが、その効果は金運だけに留まりません。商売繁盛にも恩恵があります。鉱山や製鉄所以外にも、様々なお仕事に南宮大社のパワーは作用するとされ、商売繁盛の祈願に来る人も珍しくありません。

金運上昇と商売繁盛は似て非なるものですが、どちらにも恩恵を与えてくれる裾野の広さも南宮大社が愛される理由でしょう。会社員の方、フリーターの方、自営業の方といったようにお勤めされている人はお参りして損はありません。

心願成就

 (820246)

多くの自然に溢れ、色々な歴史を積み重ねてきた美しい建物が点在するパワースポット、南宮大社。足を踏み入れるだけで胸の中のモヤが晴れ、自分が進むべき方向が見えてくるかもしれません。更に南宮大社では、受付で申し込みをすることで、心願成就のご祈祷をして頂けます。

受付時間は御朱印の対応時間と同じく午前9時から午後4時半となっているので、希望する場合は時間に余裕をもって行きましょう。ご祈祷を受けることで、邪念を払い己を見つめ直す事ができ、心の内にある願いを叶える道が開けます。

良縁

 (820247)

一般的には良縁というと男女の仲を指しますが、社会は人と人との絆によって成り立っているものです。魅力的な恋人を見つけたい、趣味が合う友達が欲しい、部下に恵まれたいと、どれも良縁と言えるでしょう。南宮大社のご祭神である金山彦命には、金山姫神(カナヤマヒメ)というとても仲の良い夫婦神がいます。

金山彦命と金山姫神のように、将来的にも長く支え合えるようなパートナーを見つけられるご利益も南宮大社には伝えられているので、素敵な人脈を授かれるよう、しっかりお参りをしましょう。

安産

 (820248)

澄んだ空気で心身を落ち着かせ、リラックスすることが赤ちゃんを宿しているお母さんには大切。パワースポットである神社、特に南宮大社の境内は綺麗に整備されていて、ゆったりと流れる時間を感じられる快適な場所です。5千円の初穂料はかかりますが、お札とお守り、お神酒などが頂ける安産祈願も受け付けています。

当日の受付も可能ですが、祭典や神事で受付が出来ない日もあるので、事前に電話などで問い合わせをした方が安心です。腹帯を持っている場合は持参することで、お祓いもしてもらえます。

厄除け

 (820249)

南宮大社では心願成就、安産祈願に続いて厄除けも受け付けてくれます。例え厄年や前厄でなくとも、ついてない事柄ばかり連続して起こると感じているなら、厄払いの祈祷を受けてみても良いかもしれません。

南宮大社境内には、江戸時代から人々に愛され続けている18棟もの重要文化財があり、お参りするだけでも溢れるパワーを取り込むことが出来ます。神聖な南宮大社の空気を目一杯吸収して、厄を振り払える気を頂きましょう。

南宮大社のパワースポット

 (820250)

南宮山自体が風水での龍脈に位置し、強い力を持つ土地です。その山麓に構える南宮大社は、岐阜のみに留まらず日本でも有数のパワースポットと言って間違いありません。重要文化財という観点以外にも、神々しさや厳かさで古くから信仰を集めてきた南宮大社。

その境内の中にあり、本殿や拝殿といったにも負けず劣らずの名所を二つご紹介します。御朱印もお守りも、神社の事を知るだけご利益が増すことでしょう。これからご紹介するパワースポットは、南宮大社に行くと自然と目に入る位置にありますので、迷うことはありません。

石輪橋

関ケ原の合戦で一度焼失してしまった南宮大社を、寛永19年(1642年)に徳川家光が再建させるべく動きました。再建の際に、硬い石材として知られる花崗岩を使用して作られた石橋が、南宮大社の中に二つ存在します。その内一つが「石輪橋」で、石とは思えない程とても滑らかな美しい曲線を描いているのが特徴です。

緻密に計算した上で、正確に石を削り組み合わせる技術が垣間見える石輪橋ですが、なんと人が渡ることを禁止されています。石輪橋の別名は「神の橋」で、神様以外は渡ってはいけません。隣にある平らな橋「石平橋」を渡って参拝しましょう。

楼門

川を跨いで石輪橋の向こうに見える、鮮やかな朱色をした建物が「楼門」です。南宮大社境内でも一番目を引く壮麗さがあります。我々人間には見えないだけで、神様は石輪橋を渡って楼門をくぐっているのかもしれません。楼門も重要文化財の一つに指定されていて、同時にパワースポットでもあります。

石輪橋側から楼門を覗くと高舞殿が見え、反対に高舞殿側から覗くと、山に囲まれた景色が楼門のフレームに収まって一枚の絵画か写真のように見えるので、密かな人気がある撮影スポットです。天候に恵まれれば初日の出を楼門から拝むことも可能で、見られた時は神々しさを感じるでしょう。

南宮大社の口コミ

メディアでも取り上げられる事がある祭典や神事も行う南宮大社の評判は、平日に参拝する人の数からも伺えます。長い歴史において、人が人を呼び信仰され続けている南宮大社では、実際どのような声が聞けるのでしょうか。

人を選ぶことなく愛される魅力と理由の参考になるよう、南宮大社に直接訪れ、パワースポットとされる由縁を感じた人の感想をいくつかご紹介します。

ここの御朱印帳が欲しかった!

御朱印集めを始めてから、気付けば御朱印帳まで気になり出してます。オリジナルの御朱印帳がある神社も沢山あって、デザインもそれぞれだから眺めてて飽きません!

カッコよかったり可愛かったり凝ってたり、素材が木で出来てたりして本当にいろんな御朱印帳があります。南宮さんの御朱印帳はポップで、女性ウケが良くて自分用に欲しかったんです!しっかり三つの御朱印も頂けて、受付してる方のイメージも良かったですよ。「20代・女性」

境内の中にたくさんの神社

規模と御利益が大きいとのうわさを聞いて、岐阜県は不破郡垂井町の南宮大社へ行ってきました。休日を利用しての観光も兼ねていたので、長い時間の滞在とはいきませんでしたが、本当に広い境内でしたね。

あまり神社などに詳しくないもので、ちょっと広めの神社という認識で行きましたが、敷地内にいくつもの神社が集まっているのは驚きました。沢山の御利益を授かるというのも納得です。「40代・男性」

南宮大社のアクセス・駐車場

 (820258)

電車を使う場合は、最寄りのJR東海道本線「垂井駅」で下車後、徒歩で約20分移動する必要があります。車の場合は名神高速関ケ原ICか大垣IC、東海環状自動車道なら大垣西ICが最寄です。南宮大社付近に無料駐車場が多数設営されていますが、積雪の恐れがある時期はチェーンの装着などを忘れないようにしましょう。

南宮大社の御朱印を集めよう!

観光や参拝、時にはお祭りといったように目的は違っても、南宮大社はいつも訪れる人で賑わっています。様々な観点から見て魅力的な力が溢れているパワースポットの南宮大社ですから、実際に訪れお守りも身に着け、更に御朱印を頂いて最大限にご利益があるようにしましょう。

その土地の歴史や祀られている神様のことを知ることで、効果がより高まるはずです。御朱印は、お守りと同じく誰かからプレゼントしてもらうことでも効果があるとされていますが、やはり自分の足で行くことが何よりも大事。岐阜に訪れる際は南宮大社の御朱印を忘れないようにしましょう。

関連する記事