旅行情報メディア【トリマ】

岐阜の最恐心霊スポット10選!噂される心霊現象と過去の事件とは

岐阜の最恐心霊スポット10選!噂される心霊現象と過去の事件とは

2020.09.23

Trima心霊編集部

観光地としても人気の高い岐阜県ですが、実はメディアにも取り上げられた心霊スポットがたくさんあります。二股トンネルを始めとするトンネルや、高畑住宅や銃殺の家などの住宅地もあるんです。今回は、岐阜の心霊スポットをしっかり紹介していきます。

目次

  1. 岐阜には心霊スポットがいっぱい!
  2. 岐阜の心霊スポット【トンネル編】
  3. 標識にバツ印がついてる「二股トンネル」
  4. 帰り道で事故に遭う人続出「多治見の13号トンネル」
  5. かつては防空壕だった?「鶯谷トンネル」
  6. 雨の日は要注意「旧木の実トンネル」
  7. 岐阜の心霊スポット【家・村・ホテル編】
  8. 昔は温泉地だった「古虎渓ハウス」
  9. 銃殺事件の現場「銃殺の家」
  10. 残虐な事件があった「血塗られた村」
  11. 霊能者も訪れている「高畑住宅」
  12. その他にもある!岐阜の心霊スポット
  13. 電話ボックスが怖い「大洞光輪公園墓地」
  14. 水子の霊が出る「迫間不動」
  15. 岐阜観光のついでに心霊スポットについても知ろう!

岐阜には心霊スポットがいっぱい!

Tunnel Underground Underpass - Free photo on Pixabay (776550)

岐阜県は山と川に囲まれた自然豊かな土地で、多くの観光スポットがあります。そんな岐阜県にも、心霊スポットはたくさんあるんです。特にトンネルに心霊スポットが多く、県外から訪れる方もいるほどだとか。

今回は、岐阜で押さえておきたいやばい心霊スポットを徹底解説!有名な二股トンネルや多治見の13号トンネルを始め、残虐な事件があった場所や、霊能者も訪れる有名なスポットなどを紹介していきます。

岐阜の心霊スポット【トンネル編】

Concrete Lights Perspective - Free photo on Pixabay (776549)

霊が集まる場所の1つとして知られているのがトンネルです。トンネルは古いものが多く、薄暗く湿っぽいのが特徴的です。トンネル内に入るとひんやりとしていて、どこか不気味な雰囲気を感じる人も多いでしょう。

そのような特徴は霊が好むものと一致しており、自然と霊を集めてしまうのがトンネルなんです。古い歴史がある分、事故等で亡くなった方も多いでしょう。トンネル内では亡くなった方の霊がさまよい続けているのです。

ここからは、岐阜でやばいと噂になっている心霊スポットのトンネルを紹介していきます。

標識にバツ印がついてる「二股トンネル」

「二股トンネル」は、賀茂郡にある昭和31年に作られたトンネルです。「朝鮮トンネル」とも呼ばれています。その昔トンネル工事の労働者に雇われたのは朝鮮人でした。工事は難航し、過酷な労働と危険な作業で多くの方が命を落としたと言います。

また、人柱として労働者を埋めていたという噂もあります。ここで見られるのは朝鮮労働者の霊!「人影に追われる」「体を掴まれた」「壁に男性の顔が浮かんでいた」などの情報が寄せられています。

また、トンネルを車で行くと、たくさんの泥のついた手形がつけられるとか。労働者だけでなく、「女性の悲鳴が聞こえる」という噂もあります。

「二股トンネル」への行き方は、418号線を行くと青い標識があるので、バツ印がつけられている方向に行きます。すると、353号線へ続く三叉路に辿り着きます。禁止区域側を進むとトンネルが見えてくるでしょう。

帰り道で事故に遭う人続出「多治見の13号トンネル」

多治見市にあるトンネルで、14号トンネルからしばらく進んだところにあります。池田眞徳稲荷神社から川の方へ向かい、お地蔵さんを目印に川沿いを歩いていると14号トンネルが見えてきます。

山道の中でのトンネル作業により、多くの方が命を落としている場所でもあります。トンネルが出来た後も事故で亡くなったり、飛び降り自殺した人もいたとか。よって、亡くなった方の霊の目撃情報が多数あるんです。

「母娘の霊が現れ、霊を見ると帰りに事故に遭う」「白い影が見えた」などです。多くの方が事故に遭っているのも、この霊の仕業でしょうか。

また、都市伝説にもなっている「口裂け女」の発祥の地としても知られています。精神病院から逃げ出したマスクをした女性が夜な夜な子供を脅かしていたとか。その噂が全国に広まり、「口裂け女」という名前で知られるようになりました。

かつては防空壕だった?「鶯谷トンネル」

岐阜市にある「鶯谷トンネル」は、県道152号線にあり鶯谷高校を過ぎてすぐのところにあります。かつては防空壕として使われていたと言われており、多くの方が命を落とした場所でもあります。

防空壕として使われていたのは下りの方で、幽霊が出るのも下り側に限定されています。「壁から顔が出てくる」「うめき声が聞こえる」などの情報が寄せられています。トンネル内は冷えつくような不気味な雰囲気があり、恐怖を煽ります。

雨の日は要注意「旧木の実トンネル」

Tunnel Train Ice Rail - Free photo on Pixabay (776568)

「新木の実トンネル」が開通しており、現在は廃トンネルになっています。「旧木の実トンネル」は、恵那市の国道257号線から418号に入って見えてくる「新木の実トンネル」の手前の道を横に入ったところにあります。

古さを感じされるトンネルで、ところどころ亀裂が入っており、水漏れもしています。過去にどのような事件があったのか情報はありませんが、雨の日だけ女性の霊が出ると噂になっています。雨の日には近寄らない方が良いでしょう。

岐阜の心霊スポット【家・村・ホテル編】

Country House Building - Free photo on Pixabay (776571)

岐阜には家や村などの心霊スポットもたくさんあります。事件の舞台になった場所や銃殺事件の現場、霊能者も訪れるほど霊気の強い場所などもあります。

ここからは家や村・ホテルにスポットをあて、その中でも押さえておきたい心霊スポットを4つ紹介していきます。

昔は温泉地だった「古虎渓ハウス」

多治見市の県道387号線沿いにある廃墟となっている場所です。古虎渓駅からは車で10分ほど、かつては温泉地として有名な場所でした。その中で建てられたこちらの「古虎渓ハウス」は、多くの観光客に恵まれ繁盛したホテルです。

しかし良い時期は長く続かず、集団食虫毒事故が起こりたちまち経営は破たんに陥ります。オーナーにとっては夢見ていた場所で、こんな結果になるとは思っていなかったのでしょう。

夢も希望も失ったオーナは、自殺をいう道を選び、命を絶たれています。廃墟として現在も建物は残っていますが、「オーナーの苦しそうなうめき声が聞こえる」と言われています。

他にもガス爆発で多くの犠牲者を出したという噂もあり、その人たちのうめき声も混ざっているのでしょうか。

銃殺事件の現場「銃殺の家」

Castle Mystical Mood Night - Free photo on Pixabay (776579)

可児郡御嵩町にある家で、伏見児童館のバス停からは徒歩5分ほどで辿りつきます。ここは、銃殺事件があった現場として知られています。事件があったのは1994年。夫が後頭部から射殺されているのを発見した妻は兄に連絡し、救急車が来た時には既に主人は亡くなっていました。

殺人事件として調査を続けると、なんと主人には多額の借金があったことが判明したんです。警察は、他殺ではなく自殺だと断定。さらに、凶器となった銃は兄と妻が隠し持っていたと言うんです。

Grim Reaper Horror Creepy - Free image on Pixabay (776608)

要は二人はは他殺に見せかけて保険金を手に入れようとしていたのです。この家では、借金を苦に自殺した男性と、それを他殺と見せかけようとした家族のうめき声が聞こえると噂になっています。

特に霊を見たという情報はありませんが、この家に近づくと嫌な気配を感じ、地元の人は近寄らないと言います。

残虐な事件があった「血塗られた村」

Hands Trunk Creepy - Free photo on Pixabay (776581)

下呂駅から30分ほど車で行き、山の中を歩いて行ったところにあります。かなりの山奥にありますので、行かれる際は足元に十分注意してください。この村はすでに廃村となっており、人は住んでいません。

過去には、狂った女性が44人も殺害し、さらにはまだ村で生きているなどという噂もあります。都市伝説にすぎませんが、他にも、「人鳴き村」「大虐殺の村」という名称でも呼ばれています。

多くの方が探索に出かけています。実際に何かを見たという情報はありませんが、非常に不気味で危険な場所です。特に野生の動物には注意が必要です。

霊能者も訪れている「高畑住宅」

Architecture Fachwerkhäuser Night - Free photo on Pixabay (776584)

加茂郡富加町高畑にある高級住宅です。富加駅からは車で10分ほどのところにあり、有名な心霊スポットとして知られています。1999年に完成し、入居者が住み始めた途端数々の怪奇現象が起こったと言います。

主には、「お皿が飛ぶ」「コンセントの入ってないドライヤーから熱風が出てくる」「変な音が聞こえる」などの怪奇現象です。これを受けて、全国から数々の霊能者が集まってきました。中には”自称霊能者”も多数おり、好き放題言っていたとか。

Halloween Pumpkin - Free photo on Pixabay (776587)

祈祷師によるお祓いも行われましたが、その後も怪奇現象は住民を苦しめたと言います。ある霊能者によると、過去に自殺した女性の霊が地縛霊として憑りついており、様々な怪奇現象を起こしてるとか。多くの霊能者が訪れたためさまざまな説が行き交いました。

中にはすべてが住民によって仕組まれたものだという見解も。それらの現象は未だ謎に包まれたままだと言います。

その他にもある!岐阜の心霊スポット

Spooky Horror Creepy - Free photo on Pixabay (776589)

他にも、岐阜県にはさまざまな心霊スポットがあります。丸山ダムや千本松原、池田山などあげるときりがないほどたくさんのやばい場所があるんです。

ここからは、その他のスポットとして神社と墓地を紹介していきます。

電話ボックスが怖い「大洞光輪公園墓地」

通称「外人墓地」と言われる霊園で、東海北陸自動車道「各務原IC」から車で10分ほどのところにあります。岐阜駅からは徒歩で20分ほどで着きます。緑に囲まれたオープンな広々とした空間で、ゆっくりとお墓参りができます。昼間は多くの方が訪れる墓地ですが、ここも心霊スポットだと言われています。

「大きな十字架のお墓に触ると死ぬ」「電話ボックスで心霊現象が起こる」「白いモヤのような影が追いかけてくる」といった噂があります。昼は問題ありませんが、夜の訪問は控えておいた方が無難です。

水子の霊が出る「迫間不動」

関市迫間にある神社で、関ICからは車で15分ほどで着きます。この神社の特徴は、1000台以上もある水子の地蔵でしょう。ここに行くと「風が急に吹いた」「水子の霊を見た」などの情報があります。

生まれる事ができなかった赤ちゃんの霊がさまよっているのでしょうか。特に何か事件があったという噂はありませんが、8世紀頃からある古い神社なため、数々の心霊情報があります。

岐阜観光のついでに心霊スポットについても知ろう!

Castle Aveyron Of Najac - Free photo on Pixabay (776598)

岐阜県は、世界遺産白川郷合掌造り集落や、飛騨高山など有名な観光スポットが集まっており、日本人だけでなく外国から来られる観光客も多い場所です。

岐阜県の観光に車を使って回る人も多いでしょう。広大な自然を感じながらもドライブにも最適な場所です。ぜひ有名な心霊スポットについても知って訪れてみませんか。

関連する記事