旅行情報メディア【トリマ】

仲哀トンネルは日本最恐の心霊トンネル?起きた事件・事故と心霊現象

仲哀トンネルは日本最恐の心霊トンネル?起きた事件・事故と心霊現象

2020.09.25

Trima心霊編集部

日本には数多くトンネルが存在していますが、そのなかで日本最恐と呼ばれるのが「仲哀トンネル」です。数多くの心霊現象が目撃されており、さらには過去に事故や事件も起こったという身震いするほどの場所。そんな仲哀トンネルの心霊現象などをご紹介していきます。

目次

  1. 日本最恐の心霊トンネル「仲哀トンネル」
  2. 仲哀トンネルについて
  3. 正式名称は仲哀隧道
  4. 仲哀トンネルで起きた事件・事故とは?
  5. 西口彰事件の概要
  6. バスの転落事故
  7. 自殺の名所
  8. 心霊スポットと呼ばれる大きな原因である
  9. 仲哀トンネルで起こる心霊現象
  10. 仲哀トンネルの帰り道に事故
  11. 狐の嫁入り
  12. 公衆電話に女性の霊
  13. 【画像有り】仲哀トンネルの現在の様子
  14. 現在仲哀トンネルは立ち入り禁止となっている

日本最恐の心霊トンネル「仲哀トンネル」

日本には数多くのトンネルが存在し、峠を越すのにとても便利でなくてはならないもの。そんな私たちにとって生活の一部となっているトンネルには様々な心霊スポットがあります。

そのなかでも日本最恐のトンネルと言われているのが福岡県にある「仲哀トンネル」。ここでもたくさんの心霊現象が目撃されており、行ってはいけない場所と恐れられています。

さらに仲哀トンネルでは過去に日本を震わせた凶悪な事件が関係しているとも!そんな仲哀トンネルについてご紹介していきます。

仲哀トンネルについて

 (783346)

トンネルは割と街中にあるものもありますが、ほとんどは山の中に造られているため昼間でも中は薄暗く、夜になるとさらに真っ暗となります。

周囲には何もなく普通のものでも怖さを感じるほどですが、心霊スポットとして有名なところはさらに不気味な雰囲気を漂わせておりゾクッとするほど。そんな薄気味悪いもののなかの一つ「仲哀トンネル」とはどのようなトンネルなのでしょうか。

正式名称は仲哀隧道

 (783347)

仲哀トンネルは正式名称「仲哀隧道」と言い、明治時代に近代化に伴って建設されました。明治17年に着工し明治23年に開通した長さ432m・高さ5.1m・幅6.1mのトンネルです。新仲哀トンネルと旧仲哀トンネルとがありますが、旧仲哀トンネルが心霊スポットとして有名な場所。

また、仲哀トンネルの名前は日本武尊命の子・神功皇后を妻にしたと伝えられている14代目天皇の仲哀天皇が由来とされています。

仲哀天皇が熊襲を討伐するために九州に渡り、その際にこの峠を通ったと言われており、そのことからその名がついたそうです。

 (783349)

仲哀トンネルに行くには、北九州方面からは国道10号線を経由し行橋市で国道201号線に入ります。田川方面へ10㎞ほど先に「新仲哀トンネル」がありますので、その手前を右に入り「七曲峠」を上ったところにあります。

福岡方面からは、国道201号線を田川方面に進みます。国道沿いの「香春町役場」からさらに勝山方面へ3㎞ほど先に「新仲哀トンネル」がありますので、その手前を左に行くと「旧仲哀トンネル」です。

仲哀トンネルで起きた事件・事故とは?

 (783350)

仲哀天皇がその名の由来とされている仲哀トンネルは仲哀峠のなかに存在しており、その峠にも心霊スポットと言われる由縁があるようです。

そんな仲哀トンネルで起きた事件と事故とは一体どのようなものなのでしょうか。なかには日本中を震わせた事件も。

西口彰事件の概要

 (783351)

仲哀トンネルがある仲哀峠ではかつて事件が起こりました。1963年10月から1964年1月の間に起きた連続殺人の犯人の名前から西口彰事件と呼ばれ、その事件は詐欺・窃盗・殺人などをし5人の命を奪ったものです。

1963年10月18日、専売公社(タバコの公共事業)の職員を殺害し27万円を奪い、二人目の被害者は運送会社の社員で仲哀峠で死体で発見されました。

その後1963年11月、逃亡先の静岡で旅館経営者の親子が犠牲となり、さらに東京で弁護士の男性が殺害されました。そして西口彰は、熊本に住んでいる教戒師のもとを訪ねましたが、教戒師の娘が指名手配だと気づいたことで逮捕。もしここで気づかなかったからさらなる被害者が出ていたのかもしれません。

バスの転落事故

 (783353)

仲哀トンネルは5人もの命を奪った西口彰事件だけではなく、この峠では過去にバスの転落事故があったとも噂されています。

その際に数十人が亡くなっとそうですが、こちらの事故に関しては確かな情報がなく実際に起きたものなのかどうかは定かではありません。

自殺の名所

 (783354)

バスの転落事故があり多くの命が亡くなったと言われていますが、さらに自殺の名所だとも噂されています。仲哀峠はその名の通り山ですので、山の中に入り命を絶つ人が多くいるようです。

自殺者はさらなる自殺者を呼ぶと囁かれているように、思い悩んでいる人を仲哀峠で自殺した霊が呼びよせているのかもしれません。

心霊スポットと呼ばれる大きな原因である

 (783355)

西口彰によって殺害され死体が発見された仲介峠には、無念の死をとげた霊が彷徨っていると言われています。さらには、バスの転落事故により命を奪われた多くの霊や、自殺した霊も成仏できずにいると。このことが、この仲哀トンネルは日本最恐の心霊スポットと呼ばれる原因です。

また、日本にあるトンネルには心霊現象の目撃情報から心霊スポットと言われるところもありますが、仲哀トンネルや峠は実際に起こった殺人事件があります。そのため怨念が渦巻いているとされ恐れられているのです。

仲哀トンネルで起こる心霊現象

 (783356)

殺人事件が起こった仲哀トンネルは人々から恐れられていますが、様々な心霊現象が起こることでも知られています。それはかつての事件や事故が関わっているのでしょうか。

それとも他の霊なのでしょうか?確かなことは多くの幽霊や不運の噂があることです。そんな仲哀トンネルで起こる心霊現象をご紹介していきます。

仲哀トンネルの帰り道に事故

 (783357)

仲哀トンネルには様々な心霊現象が目撃されており、心霊スポットとして有名なことから多くの人が肝試しに訪れています。そして、肝試しに訪れた若者がその帰りや数日後に事故など不運に見舞われるとも。

さらには恐怖の体験談もあり、ある日の夜に友達4人で訪れ車のライトで照らしながら中へ入ったそうです。一気に寒気がしたのと同時に、10mほど先から謎の光が。ビックリして全員で逃げ、車に乗ろうとすると「待て」と男の声が。

そして弟と友人がその一ヶ月後に何度も遊び半分で行ってしまい、その後その友人が突然倒れて謎の死をとげてしまったという恐ろしい話も存在します。

狐の嫁入り

 (783358)

仲哀トンネルでは「狐の嫁入り」を目撃したという噂もあり、なんでも大勢の人たちが提灯を持ち行列をつくって歩いていたと言われています。

昭和中期ころ日本では、結婚先にとつぐ嫁を夕刻に提灯行列で迎えており、連なる灯火が松明を連ねた婚礼行列に似ているため、狐の嫁入りと呼ばれるようになった説があります。

そのほかには嫁入りの様子が見えるにも関わらず、実際には嫁入りがないことを狐の人を化かすに結びつけられたそうです。ただ、狐の嫁入りは縁起の良い物とされていますので怖くはないとも。ですが、狐の嫁入りではない怪火かもしれません。

公衆電話に女性の霊

 (783359)

狐の嫁入りという珍しい現象が目撃されている仲哀トンネルには、思わずゾッとする心霊現象も起きています。それはかつてトンネルの両側にあった電話ボックスでのこと。

トンネルに入る前にその電話ボックスで電話をしている女性を目撃したそうです。そしてトンネルを抜けた際、出口の両側にもある電話ボックスでも同じ女性がいたと…。

どう考えてもあり得ないその光景に、その女性は幽霊でこのトンネルで彷徨っているのだと言われています。

【画像有り】仲哀トンネルの現在の様子

トンネルは閉鎖され車が通らなくなったことで中には草が生えてしまっている状態です。また大きめの石もゴロゴロと転がっており時の流れを感じさせます。

このように人気がなくなればなるほど、霊が溜まっていくのかもしれません。当時は置いてあり女性の霊が目撃された電話ボックスも現在は撤去されその姿を見ることはできません。

こちらはトンネルの外からの写真です。入り口には柵があり通れないようにしていますが、扉が開いたままになっています。

心霊スポットとして有名な場所ですので、肝試しに訪れた際に無理に開けて入ったのでしょう。逆にこの開いている様子がトンネル内から手招きされているようです。

夜になると真っ暗になり、その重々しい空気が外からでも伝わってきます。たくさんの心霊現象が起こっていますので、遊び半分で訪れて霊を怒られせないようにしましょう。

仲哀トンネルは手掘りだったようで壁はボコボコしており、現在は落盤をしている箇所もあります。そのため、様々な霊が住みついていると言われ幽霊の存在も恐怖なのですが、さらなる落盤の危険性も。

柵は開けられているため、多くの人が肝試しに訪れていますが、崩れる可能性もありますので外から見るだけにしましょう。

現在仲哀トンネルは立ち入り禁止となっている

 (783360)

日本最恐と言われる仲哀トンネルは、過去に起こった連続殺人の死体が発見された峠にあります。さらにバスの転落事故や自殺の名所の噂もあり、様々な霊が成仏できず今もなお彷徨い続けていると言われている場所。

そして多くの人が訪れていますが、現在は立ち入り禁止となっていますので中

関連する記事