旅行情報メディア【トリマ】

中国のトイレ事情とは?盗撮の恐れあり?綺麗なトイレの場所を紹介!

中国のトイレ事情とは?盗撮の恐れあり?綺麗なトイレの場所を紹介!

2020.09.18

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

中国人はトイレ―のマナーがなっておらず、汚いと言われてきてますが、現在のトイレ事情はどうでしょうか?今回は、中国のトイレ事情を徹底解説!盗撮騒動や紙は流さないなどの注意点、5つ星ホテル等の比較的綺麗なトイレも紹介していきます。

目次

  1. 経済が発展し続けているのに中国のトイレが汚すぎる
  2. 中国のトイレ事情
  3. 都市と地方の格差が凄い
  4. ドアを閉めない人もいる
  5. 並ぶルールは同じ
  6. 路上や店内に排泄物がある
  7. 中国のトイレ注意事項
  8. 紙は持参
  9. 紙を流さない
  10. 便座に座らない
  11. 盗撮騒動が頻発している
  12. 綺麗なトイレが利用できる場所
  13. 5つ星ホテル
  14. 大型ショッピングモール
  15. 有料トイレ
  16. 中国のトイレ事情やマナーは改善しつつある

経済が発展し続けているのに中国のトイレが汚すぎる

Fisherman Fishing Boat - Free photo on Pixabay (750836)

めきめきと経済発展し続けている中国!観光にも非常に人気が高い国ですが、トイレ事情に問題があるとか。「汚い」「仕切りがない」「紙が流せない」などと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?これから旅行で訪れる人にとっては、やはりトイレ事情は気になるでしょう。

衛生面はどうなのか?紙は流せるのかな?など、皆さんが疑問に思っている中国のトイレ事情を徹底解説!注意点や綺麗なトイレが利用できる場所も紹介していきます。

中国のトイレ事情

世界的に見ても「汚い」と言われている中国のトイレ。街中の公衆トイレは扉や仕切りがなかったり、衛生面でもかなり問題があると言います。日本のトイレと言えば、公衆トイレであっても比較的綺麗に整備されてあります。

綺麗なトイレに慣れてる日本人が中国に行けば、カルチャーショックを受けることはもちろんですが、トイレ事情でかなり苦労すると言います。ここからは具体的なトイレ事情を紹介していきます。

都市と地方の格差が凄い

中国は、綺麗なトイレと汚トイレとの落差があると言います。経済発展に伴い都会のトイレは随分改善されてきました。以前は個室がないのが当たり前でしたが、都会のトイレは個室が主流となり、安心して用を足せる仕様になってきています。

都会の公衆トイレでも、清掃員を常備してるところはそれなりに整備されています。しかし綺麗なのは都会だけ!田舎や内陸部に行くと、トイレ事情は昔と変わっていません。不衛生で仕切りもなく、個室化していないところがほとんど。都会と田舎ではトイレ事情がかなり違います。

ドアを閉めない人もいる

最近は個室化したトイレも増えてきた中国ですが、まだまだ田舎の方では仕切りや扉がないトイレも多いんです。地方から都会にやってきた人は、扉があるトイレに慣れていませんので、ついついそのまま用を足してしまうのでしょう。もちろん、誰かに見られても恥ずかしいという意識はありません。

中には、扉があっても鍵が壊れているトイレもあります。このようなトイレで用を足す場合は、誰かに開けられる可能性が高いので注意が必要です。

並ぶルールは同じ

当然、日本と同じように並ぶルールはあります。しかし、中国人は順番待ちの列に並ばない人が多いんです。やり口としてはこんな感じ。

まずは順番待ちを無視して中に入って空いてるか確認します。当然、皆並んでいる訳ですから、空いてるトイレなどありません。さらにトイレ内をうろうろと徘徊し、中の人が出てきたタイミングでそのまま入ってしまうんです。

有名な観光地では清掃員が監視しており、追い抜こうとすれば注意してくれます。それだけ追い抜き行為をする人が多いということです。

路上や店内に排泄物がある

ニュースでも取り上げられたことがあるので、ご存じの方も多いでしょうが、路上や店内に排泄物が残ってることも多いとか。路上に関しては特に子供に多く見られ、有名ブランド・バーバリのショップ前で子供が排泄したと話題になりました。

近年は経済的に裕福になり、中国人も海外旅行に行く機会が増えました。そこで路上や店内での排泄問題が浮き彫りになってしまったんです。また、トイレを流さない方も多いとか。

そもそも地方のカは水洗トイレの存在を知りません。よって、流すというルールを把握していないので仕方がないとも言えます。

中国のトイレ注意事項

Bathroom Bath Tub - Free photo on Pixabay (750869)

さて、中国のトイレ事情を見てきましたが、不安に感じた方もいるのではないでしょうか。中国のトイレを使用する際には、あらかじめ頭に入れておいた方が良い注意点がいくつかあります。中国に限らず発展途上国によく見られる注意点もありますので、ぜひ参考にしてください。

紙は持参

Bathtub Tub Bathroom - Free photo on Pixabay (750870)

中国に限ったことではありませんが、発展途上国を旅行する場合は、必ずポケットティッシュ等を持参しておきましょう。中国の場合は、ホテルなどのトイレにはティッシュペーパーが置いてありますが、ショッピンモール等でも補充されてないこともあります。

中国旅行の際は、日数分のポケットティッシュを持っておくと安心です。

紙を流さない

Bathtub Tub Bathroom - Free photo on Pixabay (750871)

こちらも発展途上国での注意点ですが、ペーパーは流してはいけません。便器の横には必ず紙を捨てるゴミ箱があります。備え付けのゴミ箱に捨てるのがルール!誤って流してしまうと、トイレが詰まる恐れがあります。日本のように水圧が高くありませんので、十分に注意しましょう。

便座に座らない

Wc Toilet Public - Free photo on Pixabay (750872)

便座に直接座るのは危険!汚れていたり壊れている可能性がありますので、座って用を足さない方が無難。空気椅子で頑張るか、和式を使うようにしましょう。

整備されていてきれいな便座もありますが、多くの中国人は便器の上にヤンキー座りや、靴のまま便座に上がり用を足します。よって、汚れだけなく便器が割れてることも多いとか。ポケットティッシュと一緒にウェットティッシュなどを持参し、極力快適にトイレを使えるように工夫しましょう。

盗撮騒動が頻発している

Bathroom Dilapidated Disrepair - Free photo on Pixabay (750885)

中国では、盗撮騒動が頻発しているのをご存じでしょうか。ピンポール型の隠しカメラを設置し、撮れた動画を高値で売買してる方もいるとか。とあるホテルが被害に遭い、中国国内のホテルの信頼性にも関わると大きな問題として取り上げられました。

高級ホテルに宿泊してるからと言って、100%安全とは言えません。快適なトイレでも盗撮の危険があることは頭に入れておいた方が良いでしょう。

綺麗なトイレが利用できる場所

Toilet Urinal Lost Places - Free photo on Pixabay (750889)

せっかくの中国観光でトイレが見つからないという事態は避けたいもの!トイレを見つけてもあまりにも不潔だったり、仕切りがなかったり・・。安心・安全に用が足せる場所を事前に把握しておきたい人もいるでしょう。ここからは、綺麗なトイレが利用できる場所を紹介していきます。

5つ星ホテル

Hotel Rooms Home - Free photo on Pixabay (750896)

中国の各都市には5つ星ホテルがいくつかあります。外資系でなく中国系であっても、5つ星ないし4つ星ホテルならトイレは整備されており綺麗です。

「宿泊してないと利用できないのでは?」と思う方もいるでしょう。安心してください!1階ロビー付近には、宿泊客以外が使えるトイレがあります。もちろん、トイレットペーパーや便座シートなども常備しています。

日本感覚で利用できるので、用を足したい時は大きめのホテルを目指すのが安心です。

大型ショッピングモール

People Girl Female - Free photo on Pixabay (750899)

最近できた大型ショッピングモールであれば比較的きれいなトイレが多いです。もちろん当たり外れはありますし、場所によっては清潔ではないトイレもあります。また、利用客が多いところは扉が壊れたまま放置されてることも。こればかりは運としか言いようがあります。

ショッピングモールのトイレを利用する際は、極力大型で新しい場所を選ぶと良いでしょう。

有料トイレ

Wc Toilet Purely Public - Free photo on Pixabay (750890)

街中にはいたるところに有料の公共トイレがあります。入口に料金所があり、お金を払って使うシステム。通常はトイレットペーパーも置いてありますし、比較的綺麗です。とは言え、紙が切れていたり、扉が壊れていることもあります。

また、入り口に立ってる係りの人が女性ではなく男性の場合もあるとか。日本では考えられないことですが、中国では日常茶飯事です。有料トイレと言っても場所によっては格差がありますので注意しましょう。

他にも日本でおなじみの「マクドナルド」「ケンタッキー」「スターバックス」のトイレはアメリカの管轄下ですので、比較的トイレも綺麗で使いやすいです。

中国のトイレ事情やマナーは改善しつつある

Bathroom Bath Christmas - Free photo on Pixabay (750891)

昔に比べると随分改善しつつある中国のトイレ事情!その勢いは衰えることを知らず、2008年の北京オリンピック以降、目まぐるしいスピードで改革され、2022年の北京冬季オリンピックに向けてさらに綺麗になっていくことでしょう。

中国を訪れる際は比較的綺麗なトイレを選び、快適な旅を過ごしてください。

関連する記事